痛くない丁寧な無痛治療

今は痛くない治療が主流?上手な歯医者さんの見つけ方

いい歯医者さん選びを全面的にサポートします

食品を少し安いもので買って節約は出来ても、「歯は一生もの」ですね。替えがきかないですよね。最新医療に敏感な歯医者さんは一杯います。ただ鈍感で最新医療を全く取り入れないお医者さんも多くいます。偶然、歯医者さん行った時に後者に当たらないように気をつけましょう。失敗しない情報をお伝えしていきます。

どんな歯でも抜けばいいというもんじゃない!

何か歯に違和感を感じたら歯医者さんに行こうと思いますよね。虫歯に限って言えば、抜けばいいってもんじゃないんです。抜いた後の詰め物からや、詰めの物の奥から再発してしまうケースがあります。小学生の時は、たったひとつの虫歯の再発で何度も歯医者さんに通院し治療をし続けなければならない状態になってしまいます。

どんな人でも失敗しない歯医者さん選び

歯医者さんは親知らずや虫歯、スポーツで歯をさし歯に変えたり、入れ歯や顎関節症などの治療で通院される方が多いかと思います。皆さん、歯医者さん選びはどうやってされていますか?ご自身で選んだ歯医者さんが「失敗したな」なんて経験はありませんか?また怖い話ですが、お食事の時のひとかみの衝撃は約50kgと言われています。歯の衝撃は予想以上に大きく、虫歯の歯をかばってお食事をしてしまった為にお顔の左右差が出てしまうことがあります。また歯の周りにある顎などにある骨は頭の横の骨側頭骨と接続しており治療によって出来た噛み癖によって偏頭痛や肩こりを起こしてしまう可能性もあります。
また安易に治療で歯を抜いてしまうこともよくありません。歯を抜いてしまうと一生生えてこないですし、抜いた場所は個人差があったとしても痛いですよね。現在の治療は抜かないことが前提です。歯医者さんによっては予防治療に力を入れて血液検査やサプリメントの販売に力を入れている方も多くいらっしゃいます。大人になって出来る虫歯は過去削ったものが再発しているケースがほとんどです。例えば60歳を超えて歯がなくなった方は昔の治療であればとりあえず、入れ歯を入れている方が多いですよね。ただ最近の治療では入れ歯になる前に高額なインプラントを先に詰めておくという方法があります。そのような対策を取ることで、若い方と同じように歯が生えている状態を年を重ねても保つことが出来ます。

こちらでは皆様が良質な歯医者さんの選択が出来る様に最新の治療情報をお伝えしていきます。

無痛治療ってどんなもの

今から記載することは抜く必要がある方向けです。歯医者で痛みを感じた方はいらっしゃいますか。虫歯治療での痛みは麻酔の入れ方です。最新の治療では、果物のシロップの様な麻酔をしてから、通常の麻酔を入れると言う無痛治療があります。実際に抜ききってしまったあとは違和感しか感じません。

TOPへ戻る