痛くない丁寧な無痛治療

>

いい歯医者さん選びを全面的にサポートします

いい歯医者さんの判断基準の付け方

基本はカウンセリングもあまりせずに何かの作業のように診察をする歯医者さんであれば通うべきではありません。今は歯の治療以外でも、初診の方には長いカウンセリングを設けるのが一般的です。ただ歯医者さんはカウンセリングが短い方が多いので注意が必要です。患者さんのことを考え、麻酔の入れ方を工夫する無痛治療や、歯の神経に直接アプローチをかける方法をとる等お医者さんによって治療方法は千差万別です。
前述した通り予防歯科を進める歯医者さんは多くいらっしゃいます。歯について1度話を置いたとしても、現代病は薬では根本改善はできませんよね。健康維持の為に食事と併用してサプリメントを取られる方が多くいらっしゃいます。その理論を歯に入れた形になります。分子栄養学に基づいて、患者様に合うサプリメントの提案や血液検査をしてくれます。今は症状が出ている1部分のみのアプローチではなく、全身からケアしていく時代に変わりました。

分子栄養学でどうやって歯の治療をするの

皆さんは、生活習慣病って聞いたことはありますか?食事が悪く健康を害してしまう可能性があるかと思います、例えば痛風や糖尿病や肥満などが挙げられます。あまり歯の治療で分子栄養学に基づいたサプリメントと言われてもピンときませんよね。虫歯は体内の酵素の働きが関わっています。根本的な治療としては唾液から変えていくことが必要になってきます。サプリメントで亜鉛を摂取すると効果的です。
お食事ですと、カキやゴマをこまめに召し上がってみて下さい。後は、お食事の時の噛み癖により脳からカルシウムの出方が変わってきます。石灰化を防ぐためにも、両方の歯でしっかり噛んでいただくことを意識して下さい。糖質が虫歯の多くの原因を作っております。分子栄養学に合わせて糖質制限もして下さい。


この記事をシェアする
TOPへ戻る