痛くない丁寧な無痛治療

>

無痛治療ってどんなもの

普通の治療と何が違うの

無痛治療は歯の虫歯や親知らずを抜く時に重要になってきます。抜くときに痛みの原因として挙げられるのが麻酔の時の注射です。まず、麻酔=痛い、と思ってしまいがちですがここに一工夫があります。歯の表面に果物のシロップの様な麻酔を歯の表面に塗布します。いきなり注射ではないので安心です。あとは出来る限り麻酔を入れるときに細い針を使用していきます。表面には麻酔がかかっているのでそれほどの痛みは伴いません。
せっかく、細い針で麻酔を入れても入れ方が問題があっては患者さん目線ではないですね。そこで麻酔を一定の速度で入れていきます。個人差は出てくるかと思いますが、痛みを最大限に抑えた方法になります。歯医者さんはここの一工夫が最新の手法を取り入れているところであれば入っています。

こんな種類もあります!レーザー麻酔

無痛治療には針を一切使わないレーザー治療を取り入れている歯医者さんが多くいらっしゃいます。麻酔だけではなくレーザーを使い虫歯予防や歯肉の腫れや歯肉のホワイトニングまた口内炎の治療まで幅広く使うことが出来ます。針と同じでレーザーの照射の前に歯の表面にシロップの麻酔を付けます。そのあとレーザーをします。この工程を行うことで痛みが出にくい治療が目指せるとともに、そのあとの工程は歯を抜く訳ではないので、レーザー一つで歯質の強化や再発防止を目指せます。
何も症状がないうちから、歯医者さんのレーザー治療は、メンテナンスとして定期的に受診されることをお勧めします。あとは、無痛治療をご紹介させて頂きましたが、歯石取りなども定期的に行っておくことで、自分でも歯の状態を保っていくことが出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る